NIKKEI

PR

参加企業賞

  • 株式会社スリーボンド
  • 大日本印刷株式会社
  • 株式会社デンソー
  • 東レ株式会社
  • 株式会社村田製作所
企画名 「企業に研究開発してほしい未来の夢」アイデア・コンテスト(愛称:テクノルネサンス・ジャパン)
募集期間 2013年6月10日〜8月31日
  • ※一度提出したアイデアシートの内容を変更することはできません。
参加資格 大学生、修士課程・博士課程大学院生、高等専門学校生(3年生以上および専攻科)の個人またはチーム(チームは5名まで)。チームで応募する場合、チームリーダーが理工系学生であれば、文系学生の参加も自由です。
提案方法 パワーポイント15枚以内でアイデアシートを制作してください。テーマのアイデアが理解しやすいよう、図やイラストなどの添付は自由です。また、応募するアイデアに実証データやエビデンスは必須ではありませんが、できる範囲で構いませんのでつけるよう努めてください。アイデアシートの他に、400字以内の要約を作成してください。詳細・手順は「応募の流れ」をご覧ください。
  • ※応募内容は必ずオリジナルなものにしてください。特に他者の知的所有権を侵害することがないように十分注意してください。
応募方法 <エントリー登録> *応募締切間近の場合は、直接 <作品応募(本登録)>でも構いません。
コンテストへの応募を考えている学生の方は、まずは右上部の「応募する」をクリックし、「エントリー登録」を選び、現時点での参加意向をお知らせください。
随時、事務局から役立つ情報や開催に関するお知らせをご案内させていただきます。

<作品応募(本登録)>
  1. 「応募する」ページをクリックし、「作品応募(本登録)」を選び、フォームにそって必要事項を入力してください。
  2. 入力後、確認画面をチェックし、送信ボタンをクリックすれば登録完了です。
  3. 登録したメールアドレスに、受付ID のついた受付完了メールが送信されます。
  4. 受付完了メールには、受付ID と合わせてアイデアシートの提出方法が記載してあります。
    それに従って、e-mail で事務局宛に送信してください。
  5. 提出されたアイデアシートのファイルの確認が済みしだい、受領メールを送信します。
  • ※詳細・手順は、以下の「応募の流れ」でご確認ください。
  • ※要約文は「応募する」の登録フォーム上で入力していただきます。
  • ※付属データなどでファイル数が複数になる場合は、必ずフォルダにまとめて、ZIP 圧縮して提出してください。
審査期間 2013年9月上旬〜12月上旬
審査員 参加企業各社の技術者・研究員、役員
審査方法 参加企業各社の技術者・研究員、役員が、それぞれの募集テーマに対する応募アイデアを審査し、受賞アイデアを決定します。
●一次審査/書類選考
●最終審査/プレゼンテーションと質疑応答
  • ※最終審査のプレゼンテーションと質疑応答は参加企業各社で実施します。
    (チームで応募する場合の参加人数は最大5名まで。ただし、旅費・交通費の支給は2名までとさせていただきます。)
  • ※選考過程や結果へのお問い合わせにはお答えできません。
結果発表 2013年12月(日本経済新聞広告紙面および公式Webサイトにて)
表彰式 2014年1月中旬(東京で開催)                                    昨年の表彰式
賞金 賞金総額500万円!!
最優秀賞50万円、優秀賞30万円、優良賞20万円(いずれも参加企業ごとに各1点)

応募の流れ

1.まず、参加企業の募集テーマ、技術シーズを確認。
参加企業の紹介ページで、参加企業の募集テーマ、その企業の持つ技術力を確認。 自分に合った企業(募集テーマ)を見つけて下さい。

2.関心のある企業・テーマを見つけたら、参加希望を表明(エントリー)
上記の「応募する」のアイコンをクリックし、「エントリー登録」を選び、その時点で参加してみたい企業賞・テーマを選択してください(いくつでも可)。
アイデアを検討、作成した段階(作品応募の時点)での変更・追加もオーケーです。
3.構想がまとまったら、パワーポイント*1でアイデアシートを作成・編集。
アイデアが異なればいくつでも、複数の賞にも応募可能です。他学部や他大学とのチーム結成も効果的です。斬新なアイデアを、より魅力あるカタチにまとめて表現してください。
アイデアシートの表紙には、以下の必須項目を必ず記載してください。
  1. アイデア作品のタイトル
  2. 応募者氏名(チームの場合は、チーム名と代表者)
  3. 所属(学校・学部・学科名など)

  • *1: Microsoft Office PowerPoint 類似互換ソフト:Open Office, Keynote, KINGSOFT Office
4. 応募登録:アイデア作品が完成したら「応募する」ページで登録をする。
上記の「応募する」のアイコンをクリックし、「作品応募(本登録)」を選び、フォームにそって必要事項を埋めてください。用意いただいたアイデアの要約文もここで入力(コピー・ペースト)してもらいます。なお、チームで応募する場合は、メンバー全員の登録が必要です。事前に必要事項を確認しておいてください。また、複数応募する場合は、アイデア1点毎の登録となります。完了すると、入力送信後2日以内に登録メールアドレス宛に、受付IDが記載された応募登録完了メッセージが返信されます。アイデア作品の提出締め切りは8月31日厳守です。遅くとも8月25日頃までには、応募登録手続きを済ませてください。
フォームにそって必要事項を入力
登録情報を確認し、送信ボタンをクリック

5. 応募作品提出:応募登録が終了したら、アイデア作品を送信する。
4の登録が済み次第、応募作品ファイルを提出してください。メールの件名に下記のタイトルを記載し、アイデア作品(ファイル名に受付ID必須)を添付の上、事務局宛(nikkei-techno@nikkei-r.co.jp)に送信してください。
送信メールアドレス、手順は、応募登録完了メッセージにも記載してあります。送信者名と所属学校名も忘れずにお願いいたします。受信後2日以内に、事務局より個別に受領確認メールを返信します。

<作品送信メールの記入件名>
「提出応募作品:○○○○○○○(受付ID)」
ファイル名の頭に受付ID をつける
ファイル容量が5MB*2 以内を確認
なるべくPDF*3(第一次書類審査)で提出

  • *2: 事務局をはじめとする一般的な環境で、メールの送受信が可能な添付ファイルの容量上限。
  • *3: アドビ社のポータブルドキュメントフォーマット (Portable Document Format)。MS Office2007、Open Office3.3 以降はPDF 保存・出力が可能。審査員の環境はWindows, Microsoft が標準のため、特に互換ソフトやMAC OS で作成したファイルはPDF での提出を推奨します。
6. 一次審査通過:各参加企業でのプレゼンテーション用ファイルを用意する。
一次審査を通過された方には、事務局より最終審査のお知らせが届きます(10月頃)。最終審査の日程・プログラム、会場案内と参加申込(最終審査出席確認)書・旅費申請書とともに、審査員からの講評や最終審査にあたっての補足課題等も合わせてお送りします。最終審査当日は、ブラシアップしたアイデアシート(パワーポイント)でプレゼンテーションと質疑応答を行っていただきます。
  • ※入賞者には、各賞の審査判定が確定次第、事務局より順次受賞結果と表彰式のお知らせが届きます(12月頃)。落選者には、全ての賞が確定した後に、事務局より一斉にメールにて結果通知が届きます。

よくあるご質問

Q. 実証データやエビデンスは必要ですか。
A. 必須ではありませんが、可能な範囲でつけていただけると審査員にアイデアのすばらしさが伝わりやすいです。
Q. MSオフィス・パワーポイントを持っていない。
A. 類似互換ソフトで作成しても構いませんが、背景のテンプレートが表示されないケース、文字化けやレイアウトがずれる場合があります。必ず「名前をつけて(別名で)保存」でPDFファイルフォーマットを選択して保存、またはPDF出力等を利用の上提出してください。
Q. MACしか持っていない。
A. 基本的に問題ありませんが、類似互換ソフト同様、設定環境の違いで文字化けやレイアウトズレが発生する場合があります。極力PDFで提出することをおすすめします。
Q. PDFを作成するソフトを持っていない。
A. MS Officeは2007以降、Open Office、KINGSOFTもPDFファイル保存が可能です。その他にPDF変換用のフリーソフトがありますが、保存データの信頼性やウイルスなどの問題から、おすすめはできません。利用する場合はご自身の責任でインストールの上、変換後のファイルチェックをお願いします。
Q. 動画やアニメーション画像を組込みたい。
A. 第一次審査は書類選考のため、動画やアニメ画像の組み込みはできません。プリント、またはPDFでの閲覧が可能な状態で提出ください。最終審査では、PowerPoint単独でスライドショーが行える形でなら組み込み可能です。ただし、企業の標準的なパソコン・アプリ環境での使用が前提となります。極端に負荷のかかる大容量ファイルや最新バージョンでの新機能使用は避けてください。PCやアプリケーションソフトの持ち込み使用は、運営・セキュリティ両面から原則禁止しています。
Q. ファイル容量が5MB 以上になってしまう。
A. よほど大量の画像やグラフ・データの特殊リンクなどを使用しない限り大丈夫だと思われますが、とりあえずはPDFなどで軽量化を試みてください。それでも難しい場合は、信頼性の高い無料のストレージサービスを利用してお送りいただくことになります。

お問い合わせ先

「テクノルネサンス・ジャパン」事務局
電話 : 0120-58-8873 (土、日、祝日除く : 9:30〜17:30)
mail : nikkei-techno@nikkei-r.co.jp