FX海外口座の攻略法を海外FX歴10年のプロが解説します!

FX海外口座とは?

FX海外口座とは

海外(外国)に本社があるFX業者の口座のこと

海外FXとは

海外(外国)に本社があるFX業者の口座でFXトレードをすること

を言います。

FX海外口座を利用するFX投資家が近年増加傾向にあります。海外FXについて詳しくはこちら

「海外FX」「FX海外口座」の検索数の伸び

「海外FX」「FX海外口座」の検索数の伸び

出典:google trend

teacher
では、なぜ、多くの投資家がFX口座を国内FX業者から、海外FX業者に移しているのでしょうか?

FX海外口座を利用する理由

理由その1.「ハイレバレッジ」+「追証なし」が最高のタッグ

FX海外口座の大きなメリットに

レバレッジ規制の対象外 ≒ 最高3,000倍というハイレバレッジトレードができる

という点が挙げられます。

FX海外口座を提供している海外FX業者は、本社が外国にあり、日本の金融庁へ登録をしているわけではありませんので、国内FX業者に適用される「レバレッジ規制」と関係がないのです。

レバレッジ規制とは

「金融商品取引業等に関する内閣府令の改正」によって、2011年8月1日から適用されている規制のこと

  • 個人投資家 → 最大レバレッジ:25倍
  • 法人投資家 → 最大レバレッジは変動制:40倍~50倍

というもので

個人投資家であれば、資金の25倍までしかレバレッジをかけたトレードはできないのです。

投資資金が10万しか用意できない投資家の場合、最大のレバレッジをかけたとしたら

1ドル=100円から1ドル=101円に上昇した場合を想定

FX国内口座

10万円で保有できる米ドル/円の買いポジションは

  • 10万円 × 25倍 = 250万円分(25,000ドル)

得られる利益

  • 25,000ドル × 1円 = 25,000円
FX海外口座(最大レバレッジ3,000倍の海外FX業者)

10万円で保有できる米ドル/円の買いポジションは

  • 10万円 × 3,000倍 = 3億円分(3,000,000ドル)

得られる利益

  • 3,000,000ドル × 1円 = 3,000,000円

となります。

teacher

実際のトレードでは、ロスカットレベルがあり、実際に3,000倍の最大値でポジションを持つ方はいないので、このような単純な計算にはなりませんが

レバレッジを大きくかけられる分

FX海外口座の方がFX国内口座よりも、稼げる可能性は格段に上がる

というのは間違えありません。

とくに自己資金が少ない状態で、いくらFX国内口座で稼いだとしても、資金を増やすペースというのは、一向に上がってこないのです。

自己資金が少ない方

  • これからFXを始める初心者の方
  • 副業でFXトレードをしている方
  • 主婦やサラリーマンでお小遣いでトレードする方

ほど、FX海外口座を利用して、資金を増やすペースを上げるべきなのです。

実際にある程度の規模の資金力になったら、FX国内口座の方が安心してトレードできるという投資家も少なくありません。初心者、中級者こそ、利用すべきなのがFX海外口座なのです。

woman
「でも、レバレッジが高ければ高いほど、損失が出る可能性が高いじゃないの?追証(おいしょう)になったら、借金を抱えてしまうのでは?」

FX海外口座の大きな特徴に

「追証ゼロシステム(追証なし)」

というものがあります。

追証とは

相場の急変動時にFX業者のロスカットルールに伴うロスカットが想定値で約定せずに、口座残高がマイナスになってしまい、そのマイナス分を、FX業者が後から投資家に請求すること

を言います。

過去の国内FX業者の追証発生件数・発生金額
年月発生件数
個人
発生件数
法人
発生件数
合計
発生金額
個人
発生金額
法人
発生金額
合計
1人あたりの
発生額
個人
1人あたりの
発生額
法人
1人あたりの
発生額
合計
2011年12416件0件12416件1,729,086,000円0円1,729,086,000円139,263円0円139,263円
2012年0件0件0件0円0円0円0円0円0円
2013年0件0件0件0円0円0円0円0円0円
2014年2件0件2件11,000円0円11,000円5,500円0円5,500円
2015年6786件562件7348件2,907,457,000円170,044,000円3,077,501,000円428,449円302,569円418,822円
2016年4545件372件4917件459,180,000円64,775,000円523,955,000円101,030円174,126円106,560円
2017年253件31件284件25,991,000円15,057,000円41,048,000円102,731円485,710円144,535円
2018年1806件16件1822件3,200,394円283,155円3,483,550円84,511円247,680円93,551円
2019年6391件210件6601件809,179円135,239円944,418円127円644円143円

2015年のスイスフランショックが起きたときには

個人の追証件数:6786件
個人の追証発生金額:2,907,457,000円(約29億円
個人の1人あたりの発生額:428,449円

と、

約7,000人もの投資家が、一瞬にして、約43万円の借金が発生した。

ということを意味しています。

追証は、投資家のFX業者に対する債務(借金)なのです。

追証は、レバレッジが高ければ高いほど、大きくなってしまいます。

だからこそ、FX海外口座のハイレバレッジトレードのリスクが懸念されるのですが

FX海外口座では「追証ゼロシステム(追証なし)」が採用されています。

追証ゼロシステム(追証なし)とは

相場の急変動時にFX業者のロスカットルールに伴うロスカットが想定値で約定せずに、口座残高がマイナスになってしまった場合、その損失分は、海外FX業者が補填する仕組み

なのです。

どんなにハイレバレッジでトレードしようとも、預託した投資資金以上は、絶対に損をしないのがFX海外口座の特徴なのです。

ハイレバレッジトレードができるだけですと、追証リスクも増大してしまうのですが、FX海外口座は「追証ゼロシステム(追証なし)」を採用しているため

  1. ハイレバレッジトレードで少額の資金でも、高額な利益が期待できる
  2. 損失は、預託した投資資金の範囲内で限定される

というメリットが両立できているのです。

FX初心者が少額資金でも、稼げるチャンスができて、かつリスクが限定されているからこそ、FX海外口座を利用する投資家が増えているのです。

理由その2.FX海外口座にはボーナスがある!

FX海外口座には、FX国内口座にはない「ボーナス」という仕組みがあります。

FX海外口座のボーナスとは?

ある条件をクリアして、得られるレード資金のこと

を言います。

ボーナスには、いろいろな種類があります。

FX海外口座のボーナスの種類

ボーナス付与方法による分類
  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • 損失補填ボーナス
  • シェアボーナス
  • 利息ボーナス
  • ポイントプログラム・キャッシュバック
ボーナスの出金可否による分類
  • 出金可能なボーナス
  • 条件付きで出金可能なボーナス
  • 出金不可のボーナス(証拠金としてのみ利用可能。利益のみ出金可)

とくにFX海外口座で人気なのは

  1. 口座開設ボーナス
  2. 入金ボーナス

の2つです。

口座開設ボーナスとは?

FX海外口座を口座開設するだけで、入金せずにもらえるボーナスのこと
  • はじめてFX海外口座を開設する方
  • その海外FX業者ではじめてFX海外口座を開設する方

にとっては

リスクなしで、リアル口座でボーナス額の分をトレードでき、利益が出たら出金できる有益なボーナス

となっています。

代表的な口座開設ボーナス

XM

入金ボーナスとは?

FX海外口座に投資資金を入金すると、入金額の○%がボーナスとして付与されるボーナスのこと

を言います。

自己資金がボーナス分増えた状態でトレードできるメリットがあるため

初心者から、上級者の投資家まで、幅広く利用されています。

代表的な入金ボーナス
teacher
FX海外口座には、FX国内口座にはない「ボーナス」という特典があるため、「ボーナス」を利用して稼いでいる投資家も多く存在し、「FX海外口座」を利用する大きな理由となっているのです。

理由その3.FX海外口座は、稼ぐためのトレード環境がある!

FX海外口座のメリットには

稼ぐためのトレード環境がある

ことが挙げられます。

というのも、

国内FX業者が採用している取引方法は

相対取引・呑み取引・店頭取引・OTC取引

と呼ばれる方法で

投資家の注文をFX業者が呑む(実際にインターバンク市場では取引しない)

スタイルがメインとなっています。

この取引方法の最大のリスクは

投資家が負ければ負けるほど、国内FX業者は儲かる
投資家が勝てば勝つほど、国内FX業者は損をする

という「利益相反」の仕組みです。

国内FX業者が胴元となって、投資家の注文を呑むのですから、国内FX業者は投資家が損をする方が良いのです。

見た目上は、FX国内口座でも

  • トレード環境の良さ
  • トレードツールの機能
  • セミナー
  • トレード情報の提供

などがありますが、国内FX業者の本音は

staff
「投資家はもっと損をしてくれないかな。」
「投資経験の少ない、初心者の投資家が来て欲しい。」
「儲ける投資家は早めに退場して欲しい。」

というのが本音なのです。

「投資家が勝つための環境を整える」ことに投資はしてくれないのです。

一方で

海外FX業者が採用している取引方法は

NDD取引(ノー・ディーリング・デスク)

と呼び、仲介者(ディーラー)不在の取引方法です。

投資家が注文したら、自動的にインターバンク市場に注文が流れ、実際に売買が成立するのです。

売買をせずに、注文を呑むFX国内口座と比較すると、FX海外口座は、スプレッドが広がってしまいますが、実際に売買が行われるため

投資家の取引量が増えれば増えるほど、海外FX業者は儲かる
投資家の取引量を増やすためには、儲けてもらうしかない

という形になり、投資家と海外FX業者が同じ目的を持つパートナー関係になるのです。

そのため、海外FX業者は

staff
「なんとか、投資家に稼いでもらいたい。」

と考えるため、前述したボーナスをはじめとした様々なサービスを展開しているのです。

  • ボーナス(入金ボーナス、損失補償ボーナス、口座開設ボーナス)
  • トレードコンテスト
  • 無料VPS
  • コピートレード(ソーシャルトレード)
  • PAMM/MAM口座
  • VIP専属サポート
  • ウェビナー
  • 動画コンテンツ
  • トレードシグナル配信
  • ECN口座
  • MT4/MT5(メタトレーダー)

とくにFX海外口座で注目すべきは

どの口座でも、MT4/MT5(メタトレーダー)が利用できる

という点にあります。

MT4/MT5(メタトレーダー)とは

MT4/MT5(メタトレーダー)は、MetaQuotes Software(メタクオーツ社)が開発した、トレードプラットフォームのこと

を言います。

日本では高機能なチャートソフトという認識しかされたいない方も多いのですが、実際にトレードもできるトレードプラットフォームです。

MT4/MT5(メタトレーダー)とは MT4/MT5(メタトレーダー)とは

MT4/MT5(メタトレーダー)の特徴には

  • 動作が軽い
  • 世界中の投資家が利用している
  • カスタマイズが簡単にできる
  • 簡単にテクニカル分析(インジケーター)の開発ができる
  • 簡単に自動売買プログラム(エキスパートアドバイザー:EA)の開発ができる
  • シミュレーション(バックテスト)も容易にできる
  • 多くの投資家が開発した「インジケーター」「EA」が提供され、すぐに利用することができる

というメリットがあるのです。

とくに

  • テクニカル分析(インジケーター)、自動売買プログラム(エキスパートアドバイザー:EA)の開発が容易にできる
  • 容易にできるから、世界中に多くの「インジケーター」「EA」が提供されている
  • 自分のトレード手法を自動化することができる
  • 自分のトレード手法にあったテクニカル分析(インジケーター)の開発ができる

ため、世界中に広がったトレードプラットフォームなのです。

FX国内口座の場合は、どうしても、国内FX業者独自のトレードプラットフォームが採用され、国内FX業者が獲得したいのは「負けやすい初心者投資家」になってしまうので

使いやすい反面、拡張性に乏しいトレードプラットフォームが多い

のです。

teacher

投資経験の長い投資家ほど、MT4/MT5(メタトレーダー)などを自己流にカスタマイズして、投資スキル・収益性を高めているのです。

これはFX海外口座を利用する大きなメリットとなるのです。